最終更新日:2013年2月20日

緊急避妊(アフターピル)

緊急避妊(アフターピル)とは、通常の避妊に失敗した際(妊娠の可能性のある行為があった時)から72時間以内に薬を飲むことで、妊娠する可能性を極力回避する最終手段の方法です。

2011年5月24日よりノルレボ錠を使用する方法が使えるようになりました(健康保険証は使えません)。このメリットは副作用であった悪心(吐き気など)・嘔吐が非常に少なくなったことと、避妊の効果が良くなったことです。

72時間以内にノルレボ錠(0.75mg)2錠を一回で内服してもらいます。これで体内のホルモン環境を一時的に混乱させて妊娠を回避します。

以前は、代替薬として通常のピルを緊急避妊薬として臨時に使っていましたが、新しく認可された『ノルレボ錠』と比べてみると、避妊効果が落ちること、服用後に気持ち悪くなったり、吐いたりなどの副作用が強いことなどから、最近は、国から公に認められた『ノルレボ錠』を使うクリニックが増えています。副作用ほとんどありません。

内服後、緊急避妊ピルが本当に効いたかどうかは、すぐにわかるわけではありません。次の生理(月経)があれば、ひとまず安心。もし、予定月経が一週間以上遅れたり、失敗した日から3週間経っても月経がなければ、必ず市販の妊娠判定薬で確認しておいてください。

緊急避妊薬を服用しても妊娠することがあります。国内の治験での「妊娠阻止率」は81%、海外では84%だったそうです。日本家族計画協会家族計画研究センター所長の北村邦夫医師によると、認可されてから約1年の間に全国で約5万件処方されてます。

今回、緊急避妊(アフターピル)で望まない妊娠を回避できたからといって安心してませんか?今後もまた同じ事が起こるかもしれません。もし、今すぐに妊娠したいと思っていないのであれば、引き続き避妊ピル(低用量ピル)についても考えてみてください!

お話を伺ったのは・・・
宗田 聡 (そうだ  さとし ) 先生
ドクターのクリニック詳細情報
広尾レディース
産婦人科

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する