最終更新日:2012年3月14日

突き指や捻挫、軽く見ないで

突き指や捻挫は、最初の正しい診断、治療が大切です。患者さんが足関節の捻挫だと思われているケガの中に、かなりの頻度で、靭帯損傷や剥離骨折の場合があります。痛みが強く、かなり腫れるようでしたら、専門医を受診する事をお勧めします。突き指と言うのはケガの原因であって、その中に靭帯や腱損傷、脱臼、骨折などが含まれます。実際、靭帯損傷や骨折であることも多いので、氷などで冷却し、無理に動かさないようにして、専門医を受診してください。歩けるから大丈夫とか、指が動くから大丈夫という判断は危険です。ちなみに、アキレス腱断裂でも骨折でも歩けます。

お話を伺ったのは・・・
小倉 一久 先生
ドクターのクリニック詳細情報
美郷台整形外科
整形外科・リハビリテーション

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する