最終更新日:2012年3月5日

矯正治療を行うとき、やはり歯は抜かないとだめでしょうか?

矯正治療を行うため近くの矯正専門医に行きましたが、犬歯の1本後ろの歯(小臼歯)を抜かないとだめといわれたのですが、ほんとうに抜かないとだめなのでしょうか?

ほとんど抜かなくても大丈夫です。

いままでの矯正の考え方は、歯並びが乱れているので数を減らして並べようとしましたが、最近は技術が進んでほとんど抜かなくても可能です。

むしろ人間の歯は上下28本がしっかりと噛みあって初めて機能します。
以前に他の矯正専門医の依頼で小臼歯を抜いて見ましたが、とっても丈夫な大きい歯で根っこの部分もかなり長くしっかりとしていました。

そしてなによりこの歯はかみ合わせの要で前歯と奥歯の両方の機能を兼ね備えています。なるべく抜かないで矯正したいものです。

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する