花小金井ひがし皮ふ科

最終更新日:2022年9月30日

診療科目: 一般皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科
最寄り駅: 西武鉄道新宿線 花小金井駅南口から徒歩2分
所在地: 〒187-0003  東京都小平市花小金井南町1-18-25 NR花小金井駅前ビル2階B号
電話番号 042-468-1241
クリニックホームページ https://higashi-hifuka.com/

診療時間(○診療  ×休診)

 
9:00~12:00 × × ×
15:00~18:00 × × ×

●休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日
※土曜日は9:00-12:30

クリニック地図

ドクター紹介

院長 : 東 直行(ひがし なおゆき)

略歴
1993年
日本医科大学 卒業
1993年
日本医科大学付属病院皮膚科 入局
1998年
デンマーク王国オーフス大学マセリスボー病院 皮膚科 留学
2000年
東京大学医学部分子予防医学 客員研究員
2001年
日本医科大学大学院 修了 医学博士
2001年
日本医科大学付属病院皮膚科 講師
2002年
日本医科大学付属病院皮膚科 講師・医局長
2004年
山形県北村山公立病院皮膚科 医長
2005年
日本医科大学多摩永山病院皮膚科 部長代理・講師
2014年
日本医科大学多摩永山病院皮膚科 部長・講師
2015年
日本医科大学多摩永山病院皮膚科 部長・准教授
2020年
花小金井ひがし皮ふ科 開設・日本医科大学皮膚科 非常勤講師
資格
日本皮膚科学会専門医、日本アレルギー学会専門医
ドクターからひとこと
地域に根ざす医療を目標に、「花小金井ひがし皮ふ科」を開院して2年間が経過しました。当院は、皮膚科だけに「痒いところに手が届く」親切で、丁寧な、信頼される医療を提供して参りました。今後も、患者さんが安心して通える、地域に根ざした医院作りを心掛けてまいります。


花小金井ひがし皮ふ科の特徴

私は、大学病院に勤務し、途中、大学院での研究・留学、その後山形での地域医療に従事してきました。また、約15年間は、大学病院の皮膚科責任者として、多くの患者さんの診療、若い医師・看護師の教育、そして皮膚科学発展のための研究に携わってきました。その実績を活かして、何でも気軽にご相談いただける、最初の窓口となり、患者さんの症状に最も適した治療を提供いたします。

クリニックの特徴・強み
当院は「ていねいな治療」を心掛けています。皮膚病は2-3000種類あるため、肉眼で診て(視診)、触り(触診)、拡大鏡(ダーモスコープ)を用いて、診断します。皮膚は、「心と内臓を映す鏡」です。単なる皮膚だけの病気であると考えず、心理的影響や内臓疾患についても考慮します。
取材者の感想
取材日の当日、ひがし院長は、往診からのお帰りで、障害者施設などの往診のご苦労について伺うことができました。そのようなお話を聞くと、当院の「ていねいな治療」は本物だと思いました。当たり前にように思いますが、患者さんの顔をよく見て、状態を把握することは基本であり、基本に忠実なクリニックであれば、地域の皆さんも心強いであろうと感じました。

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
ワクチンで防げる癌 ~子宮頸がんワクチン~
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
妊婦のマイナートラブル こむら返り
妊婦のマイナートラブル 便秘
EAT治療 (上咽頭擦過療法・Bスポット療法)
みずいぼ(伝染性軟属腫)
おたふく(流行性耳下腺炎)について
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
新型コロナウイルス関連情報
新型コロナウイルス感染症の塩野義製薬の治療薬について
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)③ 検査その2
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)② 検査その1
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)① 概論と症状
甲状腺疾患を有する患者様の新型コロナ(COVID-19)ワクチン接種
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する