仙川整形外科

最終更新日:2019年1月20日

診療科目: 一般整形外科、小児整形外科、リハビリテーション科、骨粗しょう症、ロコモティブシンドローム、予防接種、自費診療、スポーツ整形外科
最寄り駅: 京王線仙川駅徒歩3分 小田急バス仙川バス停目の前
所在地: 〒182-0002  東京都調布市仙川町3-2-4ウィステリア仙川1階A
電話番号 03-3305-0088
クリニックホームページ https://sengawa-ortho.jp

診療時間(○診療  ×休診)

 
9:00~12:30 × × ×
14:30~18:00 × × × ×

休診日:木・日・祝
毎月第4土曜日は別所祐貴先生の外来になります。

クリニック地図

ドクター紹介

院長 : 日下部 浩(くさかべ ひろし)

略歴
1991年5月~1992年6月 慶応義塾大学病院
1992年7月~12月 慶応義塾月ヶ瀬リハビリテーションセンター(現 伊豆慶友病院)整形外科
1993年1月~12月 国立栃木病院(現国立病院機構栃木医療センター)整形外科 同付属看護学校 講師
1994年1月~12月 静岡赤十字病院 整形外科
1995年5月~12月 浜松リハビリテーションセンター(現 常葉リハビリテーション病院 整形外科
1996年1月~12月 国立小児病院(現 国立成育医療研究センター)整形外科
1997年1月~12月 慶応義塾大学医学部整形外科
1998年1月~2000年3月 南多摩病院 整形外科
2000年4月~2012年9月 国立小児病院(同上) 整形外科
2012年10月~2013年3月 ふれあい町田ホスピタル整形外科
2013年4月~2017年9月 藤田保健衛生大学(現 藤田医科大学)整形外科機能再建学講座 講師
 この間の2016年アイオワ大学留学
2017年10月~2018年9月 いなぎ整形外科内科 院長
資格
日本小児整形外科学会評議員
日本小児股関節研究会幹事 乳児股関節健診あり方検討委員会東京都キーパーソン
米国Ponseti International Association Ponseti doctor
日本整形外科学会 ロコモアドバイスドクター
ドクターからひとこと
仙川整形外科ではこれまでの大学病院や小児専門病院、地域の基幹病院での経験を活かして、一般整形外科に加え、小児整形外科分野などの専門性のある診療も行って参ります。
小児整形外科では米国アイオワ大学に留学し、小児先天性内反足治療のひとつPonseti法を研鑽し、Ponseti doctorの認定を受けています。また、変形性関節症などに対する再生医療であるPRP療法も行ってきており、仙川整形外科の再生医療提供計画が厚生労働省に受理されております(2018/10/15)。

日本人の平均寿命は延びて参りましたが、それがベッドの上のものでは意味がありません。元気に動いていられる期間である健康寿命を延ばすことが重要と言われています。
健康寿命を阻害するものとして、運動器の障害が大きな問題となっています。当院では、地域の皆さんが健康で長生きでき、寝たきりや要介護状態にならずに済むよう、運動器の視点からお手伝いをしたいと考えております。お気軽にご来院、ご相談下さい。


仙川整形外科の特徴

地域の皆様の健康寿命延伸に力を貸してくださいの掛け声のもと、集ったスタッフが皆さんに寄り添いサポートしてくれます。「困った時はあそこのクリニック」「リハビリがんばろう」「仙川整形外科に行くと元気になれるな」そんなクリニックを目指しています。
また、赤ちゃんの股関節脱臼の診断率を上げる活動や、2019年4月には調布市子ども発達センターの委嘱医も任命されるなど小児整形外科にも力を注がれています。

日本では数少ないPonseti認定ドクター
先天性内反足の治療法であるPonseti法を開発し、日々発展させ続けている米国アイオワ大学に留学、研鑽を積み、国際ポンセティ協会により認定されるなど、小児整形外科領域の専門的治療が受けられます。
メタボなら知ってるけど、ロコモって何?
メタボリックシンドロームが代謝異常を指すのに対して、ロコモティブシンドロームは骨粗しょう症や変形関節症など運動器(筋骨格系)の疾患とサルコペニアという加齢による筋力低下などによって運動器の機能が低下した状態で、健康寿命を短くする原因のひとつです。ロコモ対策のために医師と相談しながら、筋力や骨を強くする運動やリハビリを続けることが出来ます。
至誠会第二病院、東京慈恵会医科大学病院、東京都立多摩総合医療センター、東京都立小児総合医療センター、杏林大学医学部付属病院、仙川脳神経外科クリニック、野村病院、PICTORUみたかクリニック、武蔵野赤十字病院、日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院、東京都立神経病院、国立成育医療研究センター、関東中央病院、慶応義塾大学病院、東京逓信病院、東京都済生会中央病院

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

健康セミナー
2/23(土)無料がんセミナー「からだにやさしいガン治療」
今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
女性や若い世代にも増えている結石
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
血圧が高い理由 それはほとんどが塩分
タバコが止められない方は禁煙外来へ
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
インフルエンザと風邪は違うのですか?
インフルエンザの予防接種について教えてください
子供の風邪・鼻疾患と耳の病気の関係について教えてください。
慢性副鼻腔炎とは?
ドライアイについて教えてください。

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する