大通こどもクリニック

最終更新日:2018年4月24日

診療科目: 小児科、アレルギー科
最寄り駅: 地下鉄東西線 西18丁目駅 徒歩3分
所在地: 〒060-0042  北海道札幌市中央区大通西16丁目1-30FUYO No.10ビル 8F
電話番号 011-215-5103 FAX番号 011-215-5103
クリニックホームページ http://kodomo-clinic.biz/about.html

診療時間(○診療  ×休診)

 
9:00~12:00 × ×
13:30~17:00 × × × ×

休診:水曜・土曜午後、日曜・祝日

クリニック地図

30分無料提携駐車場 日産NSパーキング(当ビル真向かい)

ドクター紹介

院長 : 大柳 道彦(おおやなぎ みちひこ)

略歴
平成7年  旭川医科大学卒業
平成7年  大通こどもクリニック勤務
平成26年 札幌市医師会夜間急病センター勤務
平成30年2月1日 大通こどもクリニック開院
資格
日本小児皮膚科学会
日本小児科学会
小児慢性特定疾患指定医
ドクターからひとこと
 平成7年、旭川医科大学を卒業し、同年父が開業していた大通こどもクリニックに勤務し、以来19年間地域医療に邁進して参りました。
 この度平成30年2月に場所を移し、新たに「大通こどもクリニック」を開院させて頂きました。
 
 得意とする分野は低身長とアレルギーです。
 低身長は背の低い子どもたちを、19年間で400人治療して参りました。そしてアトピー性皮膚炎は19年間で1万人を治療して参りました。また、子どもの心の問題も得意としています。

 これからも札幌の子どもたちの為に、全力で治療していきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。


大通こどもクリニックの特徴

「すべてのお子さまへ、思いやりと優しさを」をモットーとしています。

治療方針など
【小児一般外来】
急な発熱やせき、体調不良や食あたりからくる腹痛、また突発的な外傷など あらゆる小児科の診察を行います。 お子さまのご病気で困ったなと感じたら、お気軽にご相談ください。

【低身長】
子どもの発育や成長は個性であり、みんなバラバラで差があるのが当然ですが、 一定の範囲に及ばない場合は発育障がいにあたる場合もあります。
当院では医学的見地に基づき、カウンセリングと改善対応策のご提案などを行い、 トータル的にサポートいたします。

【アレルギー】
いつもゼーゼーしてせきがちだったり、かゆみを伴う湿疹がなかなか改善されないなど、 アレルギーが起因の症状がみられるお子さまの診療を行います。
症状緩和の治療はもとより、原因となるアレルギー物質への対応策を 生活習慣や食事などに至るまでご提案いたします。
予防接種について
予約なしで、いつでも予防接種を受けられます。
◎四種混合 ◎二種混合 ◎麻しん風しん混合(MR)
◎ヒブワクチン ◎水痘 ◎日本脳炎 ◎B型肝炎
札幌医科大学 他

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

健康セミナー
5/29(火)無料がんセミナー「からだにやさしいガン治療」
今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
血圧が高い理由 それはほとんどが塩分
タバコが止められない方は禁煙外来へ
正しい糖尿病の治療を!
不眠症について
胸やけ、声のかすれ、のどのイガイガ 逆流性食道炎かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
インフルエンザと風邪は違うのですか?
インフルエンザの予防接種について教えてください
子供の風邪・鼻疾患と耳の病気の関係について教えてください。
慢性副鼻腔炎とは?
ドライアイについて教えてください。

病院・クリニック検索 健康情報 いきいきねっとのページ先頭へ移動する