いとう眼科

最終更新日:2013年3月7日

診療科目: 眼科
最寄り駅: 関東鉄道 常総線、つくばエクスプレス「守谷駅」八坂口より徒歩1分
所在地: 〒302-0115  茨城県守谷市守谷市中央3-11-2
電話番号 0297-20-0101 FAX番号 0297-20-0100
クリニックホームページ http://www.ito-ganka.com/

診療時間(○診療  ×休診)

 
9:00~12:00 × ×
15:00~17:30 × × × ×

△:土曜日は9:00~13:00
水曜日が祝日の場合は休診とさせていただきます。

クリニック地図

ドクター紹介

院長 : 伊藤 睦子(イトウ ムツコ)

略歴
昭和60年 3月  島根医科大学医学部卒業
昭和60年 6月  東京医科歯科大学医学部眼科学教室入局
昭和62年 5月  医員(東京医科歯科大学医学部付属病院 眼科)配置換
昭和62年 7月  総合病院取手協同病院において眼科医師として勤務
平成元年 4月  医員(東京医科歯科大学医学部付属病院 眼科)採用
平成元年10月 文部教官助手(東京医科歯科大学医学部眼科学教室)
平成 3年 7月  総合病院取手協同病院において眼科医師として勤務
平成 4年 4月  総合病院取手協同病院において眼科科長に配置換
平成10年 3月  同上辞職
平成10年 3月  学位授与(東京医科歯科大学)
平成10年 4月~ いとう眼科開設

資格
日本眼科学会眼科専門医
視覚障害者認定指定医
日本コンタクトレンズ学会会員
日本糖尿病眼学会会員
日本手術学会会員
日本屈折眼内レンズ学会会員
日本緑内障学会会員
茨城県糖尿病認定医
臨床研修医制度 茨城県指導医
ボトックス認定医

ドクターからひとこと
開院以来20年間、患者様が当医院での治療に対して、安心感や信頼感を感じていただけるよう、そして小さな負担で、眼科治療を行っていただけるように、心掛けて参りました。

常に真摯な姿勢で治療に取り組むことと、当院と関係する多くの医療機関との連携や研究などを続けていくことで、守谷市を中心に高度な地域医療を実現し、患者様に心から信頼される眼科となるよう努力して参ります。

いとう眼科の特徴

<主な診療内容>

■■■ 日帰り白内障手術 ■■■ 
先進の医療機器の導入を行うと共に、 患者様の目の状態や病気の進行具合の早期発見を行えるようスタッフのトレーニングや、最新の治療技術を取り入れた機器を使用しています。

治療に掛かる時間や肉体的な負担の軽減のために、日帰りでの白内障治療も施術しております。
最近とくに目がかすむなどの症状がある方はお気軽にご相談ください。


■■■ 糖尿病網膜症、眼底出血のレーザー治療 ■■■
糖尿病から現れる合併症は、糖尿病と診断されたときから定期的な眼科の検査を受けていただき、適切な治療を続けていれば、確実に防げる病気です。

当医院では、最新のレーザー治療器や検査機器を使うことで、糖尿病を原因とする、糖尿病網膜症の検知から治療に力を注いでいます。


■■■ 緑内障の診断治療 ■■■
緑内障の初期状態では、目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができることが多く、自分で異常に気づくことあまり有りません。

気がつきにくい病気の1つですが、定期的な目の検査(眼圧検査)を行っていただくことで早期の発見、治療が可能になります。


■■■ コンタクトレンズ処方 ■■■
専門的な医療知識と医療機器を使い、安全に装用いただけるようしております。
装用練習はもちろん、患者様の負担を和らげるために、サンプル用の装用レンズをお使いいただき目にあったレンズをお選びいただくまで、丁寧なアドバイスと診察を続けてまいります。

患者様の目の安全・負担の軽減を考え、1人1人の目にあったコンタクトレンズをお選びいただいた後に、販売、使用をしていただいております。

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する