医療法人社団 爽気会

なのはな内科アレルギー科

最終更新日:2013年3月7日

診療科目: 内科, アレルギー科, 呼吸器科, 小児科
最寄り駅: JR柏駅より徒歩4分
所在地: 〒277-0841  千葉県柏市あけぼの4−4−25シャトルあけぼの1階
電話番号 04-7142-3300
クリニックホームページ http://www.k2.dion.ne.jp/~nano87/

診療時間(○診療  ×休診)

 
9:30~13:00 × ×
15:00~19:00 × × ×

☆土曜日の診療時間は9:30~13:30

クリニック地図

ドクター紹介

院長 : 坂巻 良一

資格
医学博士
日本内科学会認定医
<所属学会>
日本内科学会
日本糖尿病学会
日本動脈硬化学会
日本アレルギー学会

なのはな内科アレルギー科の特徴

内科全般の診療をいたしますが、中でも糖尿病、アレルギー疾患、高脂血症の治療に力を入れております。

糖尿病は自覚症状がほとんどない病気です。そのため治療をしないで放置していると合併症を併発することもあります。成人後に発症した人工透析患者、成人後の失明の原因の第一は糖尿病です。場合によっては足を切断する例もある油断のならない病気です。しかしながら糖尿病は適切な治療、生活習慣の改善によって、それらの合併症を予防する事が十分可能です。
治療にあたっては教科書に載っているような画一的な治療をするのではなく、患者さん個人々々の生活に合わせた治療を選択するよう心がけています。糖尿病は患者さんの自己管理がとても大切です。長期間にわたる治療を、コミュニケーションをうまくとりながらおこなっていきたいと考えています。

アレルギー疾患(ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など)は生活環境の変化やストレスの増大等によって患者さんの数が年々増加しており、近年とくにその傾向が顕著です。
また、食生活の欧米化によりコレステロール、中性脂肪の数値の上昇が、最近では若年層から見られるようになっています。これらも自覚症状がないので、放置していると狭心症、心筋梗塞などの原因ともなります。
少しでもおかしいと思ったら是非詳しい検査を受けることをお勧めします。

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

健康セミナー
12/14(土)無料がんセミナー「からだにやさしいガン治療」
今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
女性や若い世代にも増えている結石
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
血圧が高い理由 それはほとんどが塩分
タバコが止められない方は禁煙外来へ
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
インフルエンザと風邪は違うのですか?
インフルエンザの予防接種について教えてください
子供の風邪・鼻疾患と耳の病気の関係について教えてください。
慢性副鼻腔炎とは?
ドライアイについて教えてください。

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する