最終更新日:2013年10月28日

洗うだけ!? すっぴんでもOKな素肌美人になる!

朝の洗顔やメイクのときに「今日はいつもより肌の調子がいい」と感じるだけで、その日1日がHAPPYな気持ちになる人はたくさんいます。

しかし、ストレスや不規則な生活、十分なスキンケアの時間が取れなかったりして、肌がブツブツしたり、ガサガサしたりして、「肌がイマイチな日」も多いです。それに、スキンケアのアイテムや方法が多すぎて、どれがいちばん自分に合っているか、試す時間もお金もない!

いつもすっぴんでOKなほど、肌の調子を整えるには、何がなくとも洗顔が大切です。皮膚についた皮脂は、汚れを吸着し、そこから乾燥していく可能性が考えられるからです。ここでは美肌に近づく洗顔方法を紹介します。

洗顔は髪を洗った後に!

家に帰ってきて、バスタイムで洗顔を行うシーンを想定して解説します。洗顔のタイミングは髪を洗った後に行うこと。せっかく顔を洗っても、髪用のコンディショナーが顔についてしまっては、意味がないからです。

まず、クレンジング剤が顔につく時間を短縮するため、メイク落としを手早くします。完璧を目指さずOK。指の腹を使い、顔全体にのばしてメイクとなじませて、水をたっぷり使って流しましょう。ごしごしこすらなくてもOKです。

つぎに洗顔を行います。泡立てネットで、野球ボール大くらいの泡を立てて、泡の弾力で汚れを落とすイメージで両頬、額、あご、鼻の頭に泡をなじませ、手で上下に動かします。なるべく、指が肌に触れないように優しく落とすだけでは、物足りないと言うひとも多いですが、実は泡の力で汚れはしっかり落ちているのです。一度試してみると、泡だけで落ちていることがわかります。泡ででてくるタイプの洗顔料を使ってみるのもいいかもしれませんね。

保湿はタオルオフ後、すぐに!

タオルオフした後の肌は、化粧水の浸透がいいと考えられています。バスルームから出て、タオルで顔の水分をおさえたら、すぐに化粧水をパッティングしてください。さらに乾燥が気になる人は、シートマスクなども活用してもいいかもしれません。シートマスクを長い時間肌に乗せている人がいますが、説明書通りに行ってください。長くやればよいというものではありませんので注意!

その後、乳液、クリームと重ねてスキンケアは終了。

このような洗顔の方法を変えるだけでも、トラブル改善に導いたり、美肌に効果を発揮します。さらにその上の「すっぴんでもOKな肌」を目指すコツを以下に紹介します。

まずはターンオーバーについて知る

まずは、スキンケアの基本原理ターンオーバーについて簡単におさらいしましょう。簡単に言うと、「細胞が新しく作られて、押し出された古い角質がはがれ落ちて行く」ことを指します。

肌の新陳代謝ターンオーバーを正常に機能させるコツ

1.肌に必要な栄養素をしっかり食事で摂る
2.摂取した食事をきちんと栄養素に分解し活用するために内蔵を元気にする
3.分解された栄養素を肌に届けるため良好な血液循環を保つ
4.新しい細胞を作る力をささえるために新陳代謝を促進する

以上4つが基礎ルールですが、これに「正しい洗顔と保湿」が加わると鬼に金棒です。大切なのは、肌を指などでこすらないことです。

皮膚が古い角質でガサガサしていることが気になったときは、皮膚科のピーリングを受けると、肌の調子を整えることができます。セルフケアでのピーリングもいいですが、最初は専門医にやってもらったほうが安心です。

その時にシミのレーザー治療や、ニキビ跡などを目立たなくさせる方法を相談してみるといいでしょう。毛穴の黒ずみ、開いた毛穴なども、最新医療で目立たなくさせることが可能です。

美容メソッドを受けても、毎日の洗顔と保湿の積み重ねがあるからこそ、最大に効果を発揮します。毎日少しずつキレイになっていく肌で、モチベーションを上げて、美しいだけでなく、健やかな肌作りを目指しましょう!

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する