最終更新日:2012年3月14日

骨折、脱臼、捻挫(骨折)

骨折、脱臼、捻挫
骨折その1

今回は、捻挫・脱臼についてお話しいたします。

【骨折について】
骨が何らかの原因(外傷等)によって、その連続性が断たれた場合をいいます。
ヒビが入ったとか、骨がずれているというのも骨折のことを示します。

【骨折の症状】
①打撲や捻挫にくらべ、腫れや内出血が強くその出現も早い
②動かさない状態での痛みが強い
③外見上変形を生ずることがある、などです。
剥離骨折や骨折部のずれが少ない時には、前記症状がない場合もあります。また骨が癌や骨粗鬆症などの病気で弱くなり、少しの力で折れることもあります。骨折にもさまざまな折れ方があり、その折れ方により治療方法が異なります。正しい診断と正しい治療の為には、レントゲン検査が大切です。またレントゲン検査は、骨癒合の進み具合、日常生活のすごし方、治療中のスポーツの可否等を判断する為にも必要です。

【骨折の治療の原則】
整復(骨折のずれを戻すこと)を行い、固定(ギプス等)をして、その後リハピリテーションをします。

受傷直後に
①骨折部より末梢の色が、白色や紫色になるような血行障害がある
②しびれて感覚がにぶくなるような神経障害がある場合は、緊急で手術等の治療が必要になることもあります。

このように骨折といえども軽く見ると大変危険です。
骨折を疑ったらまずは専門医を受診することをお勧めします。
次回は、捻挫・脱臼についてお話します。

お話を伺ったのは・・・
真崎 友宏 先生
ドクターのクリニック詳細情報
まさき整形外科
整形外科・リハビリテーション・リウマチ科

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

健康セミナー
8/31(土)無料がんセミナー「からだにやさしいガン治療」
今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
女性や若い世代にも増えている結石
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
血圧が高い理由 それはほとんどが塩分
タバコが止められない方は禁煙外来へ
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
インフルエンザと風邪は違うのですか?
インフルエンザの予防接種について教えてください
子供の風邪・鼻疾患と耳の病気の関係について教えてください。
慢性副鼻腔炎とは?
ドライアイについて教えてください。

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する