最終更新日:2013年9月12日

自覚症状がない水虫の恐怖…

「水虫」というと、足の指の股がかゆくなったり、土踏まずに水泡ができたりといった症状を連想しますよね。でも、それだけではないんです。足の爪が厚くなる、白っぽくなるといった爪水虫にかかる女性が増えています。
ここでは、自己判断ではわからない「爪水虫」について解説します。

さて、今あなたは自分の足の爪を見てみてださい。爪そのものは白く濁っていない健康的な形をしていますか?つけ爪やジェルネイルを落としたあとの状態のようになっている人はご用心。爪水虫の可能性があり、見た目にも美しいとは言い難く、さらに菌が繁殖しているため、臭いが出ることもある病気です。
水虫とは知らずに、「爪がきたないから人前で靴を脱ぐのが恥ずかしい」「オープントゥの靴を履きづらい」「素足がきたない感じ…」という人は多いのです。

爪水虫は「痛くない」「かゆくない」皮膚の病気の代表格
爪水虫が怖いのは、何も見た目やニオイだけではありません。放置することで原因となる「白癬菌」が全身の角質層に潜り込み、かゆみや炎症を起こす可能性が高いのです。
俗に「インキンタムシ」(股間がかゆくなる)、「シラクモ」(頭皮に炎症を起こし、髪が抜けることもある)、「ゼニタムシ」(全身に転移し、円状の赤いかぶれなどができる)などはすべて爪水虫と同じ白癬菌の仕業。
白癬菌は感染しやすく、知らぬ間に全身に転移したということが無いように、治療や予防に努めていきたいものです。

爪水虫の白癬菌は、はだしで歩くだけで散っていく
白癬菌は24時間ほどかけて、皮膚の角質層内に潜り込んでいきます。ですから、入り込む前に殺菌石けんできちんと洗うと予防に効果的。それに、もしあなたが爪水虫と診断されたら、家族全員が診察を受けたほうがベターです。毎日薬を塗れば、1か月ほどで完治しますので、根気よく治療を行ってください。

きれいで毎日HAPPYに!
爪水虫を治すと、まず気になるニオイが少なくなり、いつでも素足が出せるようになります。それに爪も美しくなるので、気分的にも開放されるはずです。

小さな気がかりが体にあると、心はなんとなくふさいだ気持ちになるもの。多くの疾患が世の中にある中で、水虫は治しやすい病気ともいえます。まずは、この「気がかり」を解決し、アクティブでHAPPYな毎日を過ごしてくださいね。医療の本当の目的は、「毎日健やかに暮らす」ことにあると考えています。

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する