最終更新日:2024年3月29日

抑肝散の効果・作用・副作用

作用・特徴

抑肝散はイライラ感や、不眠、小児の夜泣きなどに使用されます(図1)。

図1 抑肝散の作用と効果

抑肝散の作用と効果

抑肝散はもともと、小児に使用されていました。

夜泣き、“疳”の虫に使用され、現在は大人や高齢者の、いわゆる“癇”にさわるようなイライラや神経の高ぶりにも使用されるようになりました。

特に現在は認知症におけるチャレンジング行動(周辺症状)の興奮性等への有効性が報告されています1)。

レビー小体型認知症の精神神経症状への有効性も報告されています2)。

レム睡眠行動障害への有効性も報告されています3)。

自閉スペクトラム症の興奮性にも有効で使用されます4)。

使用目標(証)は、体力中等度の人で、神経過敏で興奮しやすく、怒りやすい、イライラする、眠れないなどの精神神経症状を訴える場合に用います(図2)。

  • 1)おちつきがない、ひきつけ、夜泣きなどのある小児
  • 2)眼瞼痙攣や手足のふるえなどを伴う場合
  • 3)腹直筋の緊張している場合

とされています。

図2 東洋医学的使用目標

東洋医学的使用目標

抑肝散は主にセロトニン5-HT1A受容性部分作動作用により不安・焦燥を静穏化させ、過剰なグルタミン酸放出を抑制し、興奮を静穏化すると考えられています5)、6)、(図3)。

図3 抑肝散のセロトニン神経系とグルタミン酸神経系の作用

抑肝散のセロトニン神経系とグルタミン酸神経系の作用

抑肝散は以下の生薬から構成されています(図4)。

  • 蒼朮
  • 茯苓
  • 川芎
  • 釣藤鈎
  • 当帰
  • 柴胡
  • 甘草

図4 抑肝散の構成生薬

抑肝散の構成生薬

剤型

医薬品のツムラの漢方薬(54番)は1包顆粒2.5gとなっています(図5)。

図5 抑肝散の剤型(ツムラ医療用)

抑肝散の剤型(ツムラ医療用)

効能・効果

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症がみられます。

  • 神経症
  • 不眠症
  • 小児夜なき
  • 小児疳症

用法・用量[ツムラ抑肝散(医療用)]

通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に内服します。

なお、年齢、体重、症状により適宜増減します。

副作用

重大な副作用に以下が挙げられています。

  • 間質性肺炎(頻度不明)
  • 偽アルドステロン症(頻度不明)
  • 心不全(0.1%未満)
  • ミオパチー、横紋筋融解症(頻度不明)
  • 肝機能障害、黄疸(頻度不明)

その他の副作用として以下が挙げられています(0.1%~5%未満)。

  • 肝機能異常
  • 食欲不振
  • 胃部不快感
  • 悪心
  • 下痢
  • 傾眠
  • 低カリウム血症
  • 浮腫
  • 血圧上昇
  • 倦怠感

その他の副作用(0.1%未満)は以下の通りです。

  • 発疹
  • 発赤
  • そう痒

参考

  • 1) Matsunaga S, et al. : Yokukansan in the Treatment of Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia: An Updated Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials. J Alzheimers Dis, 54 : 635-43, 2016.
  • 2) Watts KE, et al. : Systematic review of pharmacological interventions for people with Lewy body dementia. Aging Ment Health, 27 : 203-216, 2023.
  • 3) Ozone M, et al. : Efficacy of yokukansan compared with clonazepam for rapid eye movement sleep behaviour disorder: a preliminary retrospective study. Psychogeriatrics, 20 : 681-690, 2020.
  • 4) Wake R, et al. : Effects of Yokukansan, a Japanese Kampo Medicine for Symptoms Associated Autism Spectrum Disorder. CNS Neurol Disord Drug Targets, 15 : 551-63, 2016.
  • 5) Yamaguchi T, et al. : Anxiolytic effects of yokukansan, a traditional Japanese medicine, via serotonin 5-HT1A receptors on anxiety-related behaviors in rats experienced aversive stress. J Ethnopharmacol, 143 : 533-9, 2012.
  • 6) Takeda A, et al. : Suppressive effect of Yokukansan on excessive release of glutamate and aspartate in the hippocampus of zinc-deficient rats. Nutr Neurosci, 11 : 41-6, 2008.
お話を伺ったのは・・・
宮本 浩司 (みやもと  こうじ ) 先生
ドクターのクリニック詳細情報
高津心音メンタルクリニック
心療内科、精神科

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
前立腺がんの全国オンラインセカンドオピニオン
ワクチンで防げる癌 ~子宮頸がんワクチン~
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
ストレス性で心を病むとは?
腎臓と骨の関係
腎臓と眼の関係
仮性認知症(うつ病性仮性認知症)
午前中眠くて仕方ない人へ 有効な治療薬!?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
新型コロナウイルス関連情報
新型コロナウイルス感染症の塩野義製薬の治療薬について
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)③ 検査その2
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)② 検査その1
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)① 概論と症状
甲状腺疾患を有する患者様の新型コロナ(COVID-19)ワクチン接種
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する