最終更新日:2014年11月20日

補聴器の選び方

現在では色々なタイプの補聴器があるため、それぞれのライフスタイルに合わせることが可能です。
補聴器を使用する目的や、使用する場所などもあらかじめ医師に伝えておきましょう。

補聴器の種類

耳あな型
耳の中に補聴器全体が入るタイプですので、目立ちにくい補聴器です。
既製品もありますが、ご自分の耳の形や聞こえに合わせて作るオーダメイドも可能です。
主に軽度の難聴の方が対象となります。

耳かけ型
大きさや種類、価格が豊富です。
軽度の難聴から重度の難聴まで対応できます。
下を向いた時に落ちてしまったり、メガネをかけている人は邪魔になる場合があります。

ポケット型
他の補聴器に比べて大きく、重い補聴器ですが音質もよく安い価格で購入できます。
使いやすいタイプのため、見た目が気にならなければお勧めのタイプです。

お話を伺ったのは・・・
宗田 靖 (そうだ  やすし ) 先生
ドクターのクリニック詳細情報
そうだ耳鼻咽喉科クリニック
耳鼻咽喉科

病院・クリニック検索 健康情報 いきいきねっとのページ先頭へ移動する