最終更新日:2012年2月27日

平等な健康保険

仕事中の怪我は労災保険を適用すべきで、健康保険は使えません。
仕事中の怪我だけでなく、仕事が原因となった病気も対象となります。

また、通勤や帰宅途中の怪我についても対象となります。
家を出てから家に帰るまでの時間に生じたものが対象です。通勤災害で、車などの事故の場合は自賠責保険を使うか労災を使うか、被害者に有利な方を選択することになります。 ご自身で選べます。労災保険は休業補償や後遺症などで有利な点も多く、通勤災害では労災を使用した方が良いと思われます。

ここの事情によるので、社会保険労務士さんなどにご相談しましょう。
社長や取締役は労災保険を適用できないので、仕事中の傷病等であっても健康保険を使うこととなります。

役員兼務社員(取締役兼務部長など)は労災保険が適用になります。

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

健康セミナー
8/31(土)無料がんセミナー「からだにやさしいガン治療」
今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
女性や若い世代にも増えている結石
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
血圧が高い理由 それはほとんどが塩分
タバコが止められない方は禁煙外来へ
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
インフルエンザと風邪は違うのですか?
インフルエンザの予防接種について教えてください
子供の風邪・鼻疾患と耳の病気の関係について教えてください。
慢性副鼻腔炎とは?
ドライアイについて教えてください。

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する