最終更新日:2013年9月18日

皮膚がん予防に効果的な日焼け止め選びのマメ知識

日焼け止めに書いてあるSPFってなんですか?

紫外線(B波)を浴びたとき、皮膚が赤くなるまでの時間をどのくらい遅らせることが出来るかを表した数値です。

私たちの身体に害を及ぼす紫外線。その予防に、日焼け止めの出番となるのですが、商品にSPF15とか、SPF30といったものが書い てあります。
これは何を示しているのでしょうか。

SPFとは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、紫外線(B波)を浴びたとき、皮膚が赤くなるまでにか かる時間をどのくらい遅らせることが出来るかを表しています。

たとえばSPF30の場合は、日焼け止めを塗っていない状態よりも30倍。およそ10時間日焼け止めの効果があるというように考えます。

日焼け止めの選び方の目安は、
日常生活 → SPF20程度
外回りが多い、公園などで遊ぶ → SPF30
長時間キャンプや海水浴、スキー場などで → SPF50

とはいえ、紫外線は100%シャットアウトできませんし、汗や衣類のこすれなどで日焼け止めも徐々に落ちていきます。

実際SPFの効果をきちんと出すためには1平方センチメートルで2mgを肌に塗る必要があると言われています。
塗ってみると肌が白 くなってしまうほどの量なので、普段皆さんが使っている量はさらに少なく、実際は10時間の効果には足りてない場合がほとんどなんです 。

ですから、こういうことも考慮し、長時間外にいるときは、こまめに塗り直すことが大切。

「PA+++」などの単語もきちんと覚えて、日焼け止めを選びましょう。
これは、PA値という紫外線A波をどのくらいカットでき るかを示したもの。

やや効果がある(PA+)
効果がある(PA++)
非常に効果がある(PA+++)

という基準になっています。

紫外線A波が皮膚の奥の真皮まで届き、しわなどの原因となっているとも言われており、このPA値が高いものを選ぶのも大切。
ち なみにこのPA値は日本独自のものです。

日焼け対策というと、夏に特に注目されますが、梅雨や冬場も紫外線が地表に降り注いでいます。
日々しっかりと対策して、健やかな肌を保ってくださいね。

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

健康セミナー
7/26 アラフィフクライシス・マーケット勉強会が開催されました。
11/14(土)働く女性のためのセミナーを開催しました
5/29(金)がんの特別セミナーを開催しました
11/6(木)働く女性のためのセミナーを開催しました
10/10(金)がんセミナーを開催しました
今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
複数の男性とセックスすると、子宮頸がんになりやすいってホント?
30超えたら年イチマスト!命を守る子宮頸がん検診
日本人の国民的病・大腸がんの予防策
死なないための乳がん検診、40超えたら、年イチ必須!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
胸やけ、声のかすれ、のどのイガイガ 逆流性食道炎かも?
不眠症について
「日中の眠気」 気になりますか?
補聴器の選び方
尿が白く濁っている?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
うっかり焼いちゃった! 日焼けその後の対策
紫外線って体に悪いんですよね……日光浴はすべきなの?
皮膚がん予防に効果的な日焼け止め選びのマメ知識
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
慢性副鼻腔炎とは?
半年以上通院しても治らない腰の痛み
インフルエンザと風邪は違うのですか?
神経内科と精神科と心療内科ってどんな違いがあるのですか?
前腕部にある痛みのあるしこり

病院・クリニック検索 健康情報 いきいきねっとのページ先頭へ移動する