医療法人社団 さくらライフ

さくらライフクリニック

最終更新日:2013年2月20日

診療科目: 内科、心療内科、 精神科
最寄り駅: 総武線 錦糸町駅北口 徒歩4分
所在地: 〒130-0013  東京都墨田区錦糸1-14-7ティックハウス2階
電話番号 03-3625-5547 FAX番号 03-5819-2258
クリニックホームページ http://www.slclinic.com

診療時間(○診療  ×休診)

 
9:00~12:00 × × ×
13:00~18:00 × × ×

休診日 土曜日の午後・日曜・祝祭日

クリニック地図

ドクター紹介

院長 : 中田 賢一郎(ナカタ ケンイチロウ)

略歴
順天堂大学 総合診療科 卒業
      現在も非常勤医師
カリフォルニア州立大学留学
資格
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本体育協会認定スポーツドクター

日本在宅医学会
日本抗加齢医学会
日本プライマリーケア学会
日本総合診療学会、日本体育協会、医師会スポーツ医
ドクターからひとこと
高齢者の方々の在宅医療を中心とし、内科疾患はもちろん認知症や精神的にコントロールのつかない患者様に対する治療などを専門にしております。在宅医療でなんらかのトラブルを抱えていらっしゃる方々やそのご家族の方々をトータルでサポートさせていただきます。お気軽に何なりとご相談ください。


さくらライフクリニックの特徴

専門は「総合診療学・内科学・老年精神医学」などですが、学生時代より特に老人医療、在宅医療に興味を持ち、往診同行やボランティアを繰り返しておりました。

現在、様々なことが原因で在宅での療養生活を余儀なくされていらっしゃる方々を多角的に診療させていただき、病気だけを診るのではなく、人間を診るように心掛けています。また同時に、患者さんの周りの環境を整えることにも注力しています。

家庭・家族の方々にも理解・協力が得られるように病気の説明をしたり勉強会を開いたりしております。

当院は介護保険を使用しない医療保険での訪問看護も利用可能です。
また、医療費の公費負担にも対応しておりますので当院の診察にて適用のある方は医療費の減免が受けられます。

≪在宅医療の対象になる方≫
通院が困難な方・寝たきり及びそれに準ずる方・痴呆の方・注射、褥創の処置、チューブ類の交換などの処置が必要な方・退院後のサポートが必要な方・家族が介護でお困りの方その他、往診が必要な方

≪対応可能な在宅療法≫
在宅成分栄養経管栄養(経鼻、胃ろう等)・在宅中心静脈栄養(IVH)在宅酸素・在宅人工呼吸・在宅自己注射・在宅自己導尿・自己肛門・膀胱留置カテーテル・点滴管理・褥創ケア・その他

○「認知症がひどい」「暴れて面倒がみれない」「他の病院で診れない」など在宅でかつ、精神的な領域で何らかのトラブルを抱えていらっしゃる患者さんを診たり、他の先生や病院で困ったことなどのサポートをさせて頂いております。

○認知症や精神障害の患者さんには周りの方々の理解が必要です。
精神療法(治療)にはじっくり時間をかけ、必要以上には甘やかすことはせず、自立を促すような方向を目指します。その為にも患者さんおよびご家族や周りの環境全てに対する指導等も行ってまいります。

○在宅医療については現状まだ十分な体制が整っているとは言えないと思います。
当クリニックでは各科の専門スタッフ(7名)や、近隣の診療所とも連携を取りながら、高齢者の精神障害や認知症患者さん方の在宅医療をネットワーク化し、その中心的な役割を担えるクリニックを目指しております。

都立墨東病院、墨田中央病院、同愛記念病院、田島病院、順天堂東京江東高齢者医療センター、江東病院、浅草病院、浅草寺病院、永寿総合病院

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する