最終更新日:2012年3月14日

腰痛、あしのしびれ(日常生活の注意その4)

腰痛、あしのしびれ
日常生活での注意点その4
今回は椅子に座る時の注意点についてお話いたします。

【椅子に座る時】
椅子の高さは、膝と股関節が同じ高さになるように、台などで調節してください。
両脚が宙ぶらりんに浮いたり、つま先だけしかつかないものは良くありません。
机の高さも高すぎては、腰の反り返りが強くなってしまい、腰への負担が増えます。
低すぎても、今度は背骨のS字状カーブがたもたれなくなり、頭を支えるために首の筋肉が疲労してしまい肩凝りの原因となります。足を組んで座ると一時的に腰が楽になりますが、これは避けた方が良いです。
長時間このように座る習慣がつくと、徐々に骨盤がゆがんでしまい、腰痛や肩凝り、膝の痛みの原因となるからです。

【畳の上に座る時】
あぐらを避けて、正座をするほうが腰への負担は減ります。
この場合は座布団などを膝の間に入れてお尻を高くすると腰への負担が少なくなります。
また女性に多い横すわりは、足を組んで座る場合と同様に骨盤をゆがませる原因になりますので、避けたほうが良いです。

次回から、骨折、捻挫、脱臼についてお話します。

お話を伺ったのは・・・
真崎 友宏 先生
ドクターのクリニック詳細情報
まさき整形外科
整形外科・リハビリテーション・リウマチ科

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する