最終更新日:2012年3月5日

「解熱剤の使用と脳症の発生」とは?

最近「解熱剤の使用と脳症の発生」が話題となっていますが、どういうことでしょうか。

ある程度の発熱は治癒のために必要な「生体防御反応」と考えられ、解熱剤の投与は逆効果になる場合もあると言われています。

一部の鎮痛解熱剤による脳症の発生は確かにあります。
しかし、過ぎたるは及ばざるが如しで、その熱が逆に患者さんを苦しめる場合もあるのです。
発熱による体力の消耗が見られるときや、5歳以下の乳幼児は高熱により「熱性けいれん」を起こす事があるので、解熱剤の使用を考えてみてはどうでしょうか。
それでは、どのような解熱剤を選べばよいかといえば、アセトアミノフェンなどは脳症の発生が少ないと言われている解熱剤ですので、特に5歳以下の乳幼児では39度以上の高熱が続き、非常に辛そうなときは使ってあげてください。
用法容量を「かかりつけの小児科医」と相談の上、必要最低限の解熱剤投与で患者さんの苦痛をやわらげてあげてください。
*いろいろな見地がありますので、考え方の一つとして参考にしてください。

お話を伺ったのは・・・
太田 恵蔵 先生
ドクターのクリニック詳細情報
あざみ野メディカルプラザ 太田こどもクリニック
小児科, アレルギー科

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
子宮頸がん検診をうけましょう!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
新型コロナウィルス拡大の中で取り組むべき治療
正しい糖尿病の治療を!
はしかのワクチンってどうして回数が増えたの?
「日中の眠気」 気になりますか?
疲れてないのに力が入らない?筋肉や神経の障害が原因かも?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
正しいダイエットの方法
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
最近増え続ける脱毛サロン、やっぱり医師にお願いしたほうが効果的?
全方位美肌になる、レーザー治療の一問一答
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
どのような花粉症対策がありますか?
五十肩でしょうか?
花粉症をなおして!
乾燥する季節にせきが止まらない、のどの乾燥対策は?
慢性副鼻腔炎とは?

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する