世田谷通り桜内科クリニック

最終更新日:2020年4月14日

診療科目: 内科・呼吸器科・アレルギー科
最寄り駅: ●東急田園都市線「桜新町駅」より徒歩15分 ●小田急小田原線「経堂駅」より徒歩15分 ●東急世田谷線「上町駅」より徒歩9分 ●「田園調布駅」「祖師ケ谷大蔵駅」  「成城学園前駅」「渋谷駅」行バス  「大蔵ランド前」バス停前 ※向かいに大型コインパーキング
所在地: 〒156-0053  東京都世田谷区桜3丁目2-6アヴニール桜
電話番号 03-3420-1159
クリニックホームページ http://www.setagaya-sakura-cl.jp

診療時間(○診療  ×休診)

 
9:00~12:00 × × ×
15:00~19:00 × × ×

土曜日の診察は午前9:00〜13:00 午後14:00〜17:00になります。
木曜日・日曜祝祭日

クリニック地図

●東急田園都市線「桜新町駅」より徒歩15分 ●小田急小田原線「経堂駅」より徒歩15分
●東急世田谷線「上町駅」より徒歩9分 ●「田園調布駅」「祖師ケ谷大蔵駅」「成城学園前駅」「渋谷駅」行バス 「大蔵ランド前」バス停前
※向かいに大型コインパーキング

ドクター紹介

院長 : 久田 哲哉(ひさだ てつや)

略歴
昭和55年 東京大学医学部医学科 卒業
東京大学第二内科、都立駒込病院、三井記念病院、
東芝中央病院、マサチューセッツ州立大学勤務などを経て、
平成 3年 東京逓信病院呼吸器内科
平成13年    同          部長
(平成13年~平成27年 東京大学医学部呼吸器内科非常勤講師)
平成27年5月 世田谷通り桜内科クリニック 開院
(平成27年4月~東京逓信病院客員部長兼任)
資格
資格
●日本内科学会総合内科専門医
●日本呼吸器学会専門医
●日本アレルギー学会専門医
●日本呼吸器内視鏡学会専門医
●日本医師会認定産業医
●日本感染症学会感染制御医(ICD)
●東京都認定難病指定医

所属学会
●日本内科学会
●日本呼吸器学会
●日本アレルギー学会
●日本感染症学会
●日本環境感染学会
●日本肺癌学会
●日本呼吸器内視鏡学会
●日本医師会
ドクターからひとこと
生まれ育った世田谷区桜の地で新たに開院させていただきました。「総合内科専門医」を活かした一般内科診療と「呼吸器内科専門医」、「アレルギー専門医」を活かした専門診療を2本の柱に、地域の皆様のお役に立てればと思っております。
風邪や生活習慣病から長引く咳や気管支喘息、アレルギー性鼻炎など、簡単な症状から専門的な疾患まで、何でも気軽にご相談ください。
睡眠時無呼吸検査や禁煙外来にも対応してまいります。


世田谷通り桜内科クリニックの特徴

呼吸器疾患の代表的症状である「せき」に関しては、特に力を入れて診療しています。
気管支喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患に関しては、全身のアレルギー疾患の部分症状として、全身を総合的に診ていくことが重要だと考えて診療しています。
検査機器に関しては、レントゲン撮影装置、心電計、呼吸機能検査機器、パルスオキシメーター(指先で酸素の値がわかります)に加えて、アレルギーによる「せき」や気管支喘息の診断に大変有用な最新の呼気NO(一酸化窒素)測定器もそろえています(写真5番目)。CT検査やMRI検査など、より高度な検査が必要な際には、近隣の検査専門機関で検査を受けていただき、検査結果をクリニック内で確認しております。
また、バリアフリーにも気を配っております。

些細な事でもご相談下さい。
「話しやすく何でも相談できるクリニック」をモットーに、丁寧にわかりやすく説明し、地域のホームドクターとして納得いただける医療を常に心がけて診療しております。困ったことやわからないことがあれば、何でも気軽にご相談ください。
主な総説・著書
●水電解質異常と特殊性:呼吸器疾患.臨床医.1984
●呼吸器:酸素療法.新薬物療法.1986
●並存疾患の薬物治療:慢性閉塞性肺疾患と消化性潰瘍.治療.1993
●Ⅰ型呼吸不全、Ⅱ型呼吸不全とは何ですか.Practitioners.1993
●呼吸器疾患治療薬と循環器.循環器疾患の薬物療法必携1995
●変貌する呼吸器疾患の最新治療:日和見感染症.内科.1999
●本邦臨床統計集1:真菌感染症.日本臨床.2001
●心血管合併症を有する患者のかぜ症候群(成人).今月の治療.2002
●最近の肺癌治療:essential minimum(内科の立場から).臨床画像.2003
●肺機能テキスト第2版.文光堂.2003(肺機能の標準的テキスト)
●座談会:インフルエンザと肺炎の最新の実地診療.Medical Practice.2003
●パルスオキシメーターの使い方-手軽にできるCOPDの管理.内科.2004
●COPD診療ガイダンス.消化性潰瘍を合併した場合の対応策.2004
●気胸.呼吸器研修医ノート.2004
●急性上気道炎(扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、咽後膿瘍など).今日の治療と看護.2004
●呼気CO2情報で何が分るか.呼吸.2004
●パルスオキシメータってなんだろう?.HOT(Home Oxygen Therapy).2004
●座談会:COPDの現在と未来.Medico.2005
●目で見る症例:特発性肺線維症.内科.2005
●非結核性抗酸菌症(化学療法)、非結核性抗酸菌症(外科療法)呼吸器疾患治療のエビデンス.2005
●内科疾患最新の治療:急性上気道炎・急性気管支炎、自然気胸、過換気症候群.内科.2006
●喘息の病態と管理―外科手術時の注意―.内科.2006
●症例から学ぶピットフォール:気管支喘息に胸部X線検査?.内科.2006
●非結核性抗酸菌症.呼吸器内科学テキスト.2006
●呼吸器疾患の検査法(検査計画と検査法の選択・胸部X線検査・喀痰検査・皮膚試験).内科学.2006
●高齢者喘息座談会2007 高齢者喘息を診る:
プライマリーケアに求められる喘息診療のあり方.2007.7
●風邪の予防・対処のポイント.MEC(MAINICHI ENTREPRENEURS CLUB).2008
●診断ピットフォール-症例から学ぶ:咳・喀痰.内科.2007
●高齢者における結核と非結核性抗酸菌症(NTM).MEDICO.2008
●過換気症候群.今日の耳鼻咽喉科 頭頚部外科治療指針.2008
●内科必携画像診断―Imaging Revolution―肺炎 p1029-1032、胸膜炎.内科.2008
●事業場で問題となる感染症発生時対策の実際.インフルエンザ産業保健ハンドブックⅥ 職場の感染症対策.2008
●間質性肺炎、肺血管性の疾患.新赤本 家庭の医学第6版.2008
●実地医家が行う在宅酸素療法の実際.Medical Practice.2008
●最近の肺癌内科治療.臨床画像.2010
●テーラーメイド治療のための治療薬の選択と使用法ガイドライン インフルエンザ.Medical Practice.2010
●呼吸器の病気のすべて 肺結核.からだの科学2011
●インフルエンザをめぐる話題.ドクターサロン.2011
●書類の書き方.呼吸器研修医ノート.2011
●ジェット(コンプレッサー)式ネブライザーと超音波ネブライザー.成人病と生活習慣病.2012
●肺結核・気管支結核・非結核性抗酸菌症.カラー版 内科学. 2012
●急性上気道炎 疾患・症状別 今日の治療と看護.2013
●かぜ症候群、肺炎、肺化膿症、膿胸、肺結核症、非結核性抗酸菌症、肺真菌症.臨床検査データブック2013-2014.2013
●ジェット式(コンプレッサー)式ネブライザーと超音波ネブライザー.成人病と生活習慣病.2012
●間質性肺炎の基本と考えかた:診断から治療まで 治療.臨床画像.2014
●心房細動と呼吸器疾患.心房細動異文化交流~多面的アプローチのための対談集~2015
関東中央病院 ●東京逓信病院 ●国立病院機構 東京医療センター ●東京大学医学部附属病院・日産厚生会 玉川病院 など

評判の病院・評判のクリニック いきいきねっとのページ先頭へ移動する