最終更新日:2013年9月18日

死なないための乳がん検診、40超えたら、年イチ必須!

ここ数年、日本人の乳がん罹患率が、毎年4万人近くまで急増してきています。
乳がん撲滅をスローガンとした「ピンクリボン運動」や、マンモグラフィー検診の正しい知識のアナウンスなども行われていますが、乳がん検診の受診率は欧米の70%に比べ、10%程度と低く、まだ乳がんに対する危機意識が低いのが現状です。それなのに、日本人女性は約16人に1人は乳がんになるというデータも。特別な病気ではないことはわかりますよね。

乳がんの特徴としては、95%が早期発見で治療できる可能性が開けていることですが、発見が遅れると、乳房の切除のみならず、命を落とす危険があります。
もうひとつの特徴としては、年齢を重ねるごとに発症率が増え、40~50代ではかなりの割合に上ること。

そこで提案したいのは、30超えたら2年に1回、40超えたら1年に1回検診を受ける重要性。

では、実際に検査はどのような手順で行われるのでしょうか。
すでに、誰もがその名前を一度は聞いたことがある「マンモグラフィ検診」についてお話します。これは、乳房をエックス線撮影して腫瘍があるかどうか、あった場合は形や大きさ、早期乳がんのサインがあるかないかを調べます。

この検査では、セルフチェックや医師の触診では分からないごく微小な乳腺組織の変化や早期の乳がんの発見することが可能。自分でしこりに気づく時には進行が進んでいる場合がありますが、マンモグラフィ検診によって早い段階で乳がんを発見ですることが可

マンモグラフィ=痛いから嫌!と恐れる人がいますがそれには理由があるのです。検査は乳房を圧迫板でやや強めに押さえ、平たく引きのばしたところを撮影します。全体が写るように、乳房は片方ずつ、上下+左右の4方向から撮影を行います。
これが痛いと言われる理由ですが、意味のあることですので、少々の時間を耐えてください。

40~50代は、子育てや仕事がひと段落し、「私の人生、これから!」という年代だと思います。そんなとき、乳がんで命を落とさないためにも、ぜひ検診を受けてください

フリーワード検索

フリーワードを入力

検索する

未入力での検索はできません

健康セミナー
7/26 アラフィフクライシス・マーケット勉強会が開催されました。
11/14(土)働く女性のためのセミナーを開催しました
5/29(金)がんの特別セミナーを開催しました
11/6(木)働く女性のためのセミナーを開催しました
10/10(金)がんセミナーを開催しました
今すぐ知りたい|がんと闘う!最新情報
複数の男性とセックスすると、子宮頸がんになりやすいってホント?
30超えたら年イチマスト!命を守る子宮頸がん検診
日本人の国民的病・大腸がんの予防策
死なないための乳がん検診、40超えたら、年イチ必須!
健康トラブル|体の不調に医師が答えます
胸やけ、声のかすれ、のどのイガイガ 逆流性食道炎かも?
不眠症について
「日中の眠気」 気になりますか?
補聴器の選び方
尿が白く濁っている?
美とダイエット|もっとスリムに!美しく!
うっかり焼いちゃった! 日焼けその後の対策
紫外線って体に悪いんですよね……日光浴はすべきなの?
皮膚がん予防に効果的な日焼け止め選びのマメ知識
アトピー性皮膚炎って治らないんでしょうか…
「ニキビ」「吹き出物」は治療できる病気
ED、AGA|人に聞けない男性の悩み
健康食品とバイアグラ錠
健康Q A
慢性副鼻腔炎とは?
半年以上通院しても治らない腰の痛み
インフルエンザと風邪は違うのですか?
神経内科と精神科と心療内科ってどんな違いがあるのですか?
前腕部にある痛みのあるしこり

病院・クリニック検索 健康情報 いきいきねっとのページ先頭へ移動する